Restaurant Now

業界人の耳より情報 私厨房 勇(港区・白金)

白金エリアに8席限定のカウンター中華がオープン!

2014/5/9up

※本情報は速報の内容に追加取材をし、修正・加筆しております。

私厨房 勇(港区・白金)

白金エリアに8席限定のカウンター中華がオープン!

白金エリアに久々の中華の新店!「私厨房 勇(ゆん)」が5月15日(木)オープンします。

場所は北里大学白金キャンパス&北里大学病院の斜め向かい。往年の中華ファンならご存知「ロンフウフォン」があった、恵比寿と白金高輪を結ぶあの通り沿いに、新たな光を灯します。

オーナシェフの原勇太さんは、松戸で「中国麺飯 勇」のオーナーシェフとして活躍していた方。同店は1階は創作麺飯、2階は完全貸切のおまかせコース料理の店として評判を獲得しており、そこでの手ごたえや経験を踏まえて心機一転、新業態でのオープンとなります。



オープンに際しては、以前より繋がりのあった、柏の広東料理店「文菜華」を手掛ける株式会社マンダリンモア 渡辺展久さんがプロデュースを担当。

店名に“私厨房”と掲げる通り、プライベート感&アットホームな雰囲気を目指しており、「香港の私房菜(プライベートキッチン)のような店にしたい思っているんです。同じ白金エリアに、自分の大好きな店『オーギャマンド トキオ』があるんですが、フレンチなのに焼きそばが出たり、シェフの遊び心が楽しいメニューがあったりするカウンターのみの店なんですが、あんな風にできたらいいなあと」と原シェフ。

新店では料理系統は特定しないものの、炒めものやスープは広東式。また「毎年香港に足を運んでいるので、鹹魚(ハムユイ:発酵干し魚)や腊肉(ラーヨッ:中国式ベーコン)を使った料理も出していく予定」とのこと。

席は15坪に8席のみ。夜はおまかせ6000円のコースが基本で、前菜からデザートまで8品前後。夜9時以降はアラカルトも受け付けます。また、ドリンクは生ビール650円、ワインはボトル1本4000円~、グラス800円~で提供予定。
近年は東京にもカウンター中華が増えていますが、こちらも若きシェフが腕を振るうライブ感あふれる1店として要注目、気になる方は即ご予約を!





>>今までの「業界人の耳寄り情報」一覧


カテゴリ:
Restaurant Now

記事公開日: 2014/5/9

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。